バルクオム(BULK HOMME)ってどんな商品?

(先輩) どうした。顔ばかり、手でこすって?
(後輩) どうも顔が、ベタベタするのです。
(先輩) 肌の手入れ、しろよ。これからの時代、男性も必要だ。
(後輩) 先輩は、どんな洗顔剤、使っているんですか。
(先輩) 俺か。俺は、バルクオム(BULK HOMME)だ。
(後輩) バルクオム? いいものなのですか。
(先輩) 仕方がない。教えてやろう。

 

今は、男性でもお肌の手入れをする時代です。会社の昼休みでは、このような会話が先輩と後輩の間でかわされていることでしょう。ということで、今回は「バルクオム(BULK HOMME)」をご紹介します。是非参考にしてみてください。

■バルクオムの成分

乾燥肌を嘆く女性は多いですが、実は、男性の肌の方がもともと水分量は少ないのです。だから、その水分を守るために、皮脂がたくさん分泌され、ベタつくのです。つまり、ベタつくのは、男性の肌の特徴なのです。

 

さらに、 仕事でのストレス不規則な生活紫外線脂の多い外食加齢などによって、いっそう悪化するのです。

 

(後輩) そうなんですか。男性の肌は、もともとベタつきやすいのですね。
(先輩) そこで、登場するのが、「バルクオム」だ。まず、洗顔料で洗うんだ。泥の一種であるクレイミルラルズとベントナイトの粒子が毛穴から皮脂を取り除いてくれる。だから、肌がサッパリと清潔になるぞ。
(後輩) なるほど。
(先輩) 次に、バルクオムの化粧水だ。これにはリンゴ幹細胞エキスが含まれている。
(後輩) リンゴ幹細胞エキス? 何ですか、これ。
(先輩) リンゴ幹細胞エキスというのは……

リンゴ幹細胞エキス

リンゴ幹細胞エキスというのは、スイスの希少なリンゴ(ウトビラー・スパトラウバー)から抽出したエキスです。このリンゴは、収穫後4か月経っても腐らないことで話題になりましたが、それはその幹細胞に由来することがわかったのです。リンゴ幹細胞エキスとは、その幹細胞から得られたエキスのことです。このエキスが、乾燥しやすい男の肌の潤いをしっかりと守るのです。

 

(後輩) バルクオムにはすごいものが入っているのですね。
(先輩) そして、最後はローションだ。スクラワンという保湿成分が配合されているから、補給した潤いを逃さず保持しながらも、ベタつきがなく、何もつけていないサラッとした感じにしてくれる。さらに……

ローション

さらに、肌の奥まで潤いを与え、水分の蒸発を抑える加水分解シルク、肌のキメを整えて滑らかにするセイヨウシロヤナギ樹皮エキス、肌の清潔感をキープするチャ葉エキスなどが、洗顔料・化粧水・ローションのすべてに配合されています。これらの成分の相乗効果で男の肌を守るのです。もちろん、リンゴ幹細胞エキスもすべてに配合されています。また、やや甘みのあるフローラル系の香りが心に余裕をもたらしてくれます。

 

■ベタつかない男の肌を!

バルクオムの口コミをちょっと調べてみました。やはりバルクオムの評価はさまざまです。

  • 効果が実感できた
  • トータルで使い心地がよい
  • メンズの肌に抜群だ

という声もありましたが、逆に、バルクオムの効果はない、肌が突っ張る感じがする、ニキビが増えたという声もありました。自分の肌に合うかあわないかという個人差がやはり、あるのでしょう。

 

また、スターターコースは初回500円ではじめられますが、このコースは、「初回500円+定期(4回縛り×7,200円)」のコースです。口コミで、このコースの内容を誤解したレビューがありましたので、ご注意を。

 

(先輩) 一度、試してみたら、どうだ。
(後輩) はい、考えてみます。
(先輩) そろそろ、お昼も終わる。午後からは、いっしょに営業に回るぞ。営業だから、あっさりと引き下がらないで、ベタつくぐらいで行くからな。
(後輩) はい。